浮世絵で見る江戸・砂村

第1回 元八まんの謎〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:砂町なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

なぜ広重は「元」の方を選んだのか?

こんにちは、大江戸さん。文化部の砂町です。今度都内版で「東陽町の歴史」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。


おおっ、これは「香露」の大吟醸じゃないの!熊本酒造研究所、協会9号酵母発祥の蔵だよ。いやぁ、これが飲みたかったんだよ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「東陽町の歴史」っていうテーマです。江戸時代から現在に至るまで、当時の東陽町と現在の姿を比較して紹介してみようっていう企画です。


ははぁ。東陽町の歴史ねぇ。まぁ、それならまずこれを見とかないと。(机の中をガサゴソ探し始める)ああ、あったあった。「砂むら元八まん(写真左)」ね。歌川広重最晩年の傑作「江戸名所百景」で描かれたものだ。

砂村って今の砂町のこと?桜なんかは咲いてるけど、向こう側は海だし、葦なんかが生えてるみたいだし、なんか淋しげな場所じゃないですか。


桜はねぇ、3万本あったって言うから、結構いいところだったんじゃないかなぁ。広重が生きてた幕末の頃はね。でも、昭和初期に「元八幡」を永井荷風が探し回った挙げ句、偶然に見つけたって話もあるくらいだから、その頃にはだいぶ寂れていたらしいね。

元八幡って、南砂の「富賀岡八幡宮」のことでしょ。ウチの近所だから、行ったことありますよ。


より大きな地図で 富賀岡八幡宮 を表示

そもそも、なぜ広重が江戸名所の代名詞である繁華街「富岡八幡宮」の参道を「江戸名所百景」で取り上げずに、こちらのひなびた「富賀岡八幡宮」の参道を描いたかというのは謎と言えば大きな謎なんだ。

う〜ん、そういえばそうねぇ。今残ってる富賀岡八幡宮だって、門前仲町の富岡八幡宮に比べると、悪いけどグッと見劣りしちゃうもんねぇ。


でも、もっと謎なのは、この富賀岡八幡宮の謂われなんだな。「砂村の八幡宮は、深川の富岡八幡宮の旧地であったということから、通称『元はちまん』として親しまれてきた」ということなんだけど、そもそも砂村という地名の元になったのは砂村新左衛門という江戸時代の有名な開拓農民なんだ。この新左衛門さんが1659年にこの地を新田開発するまでは、何も無い干潟だったはず。で、富岡八幡宮が造営されたのはそれより32年も前の1627年だから、そんな干潟が由緒ある富岡八幡宮の旧地であったとは考えにくい。

じゃあ、どうして「元はちまん」なんて呼ばれるようになったのかしら?



その答えとして、『新編武蔵風土記稿』では、当地近くに安置されていた神体僧形が深川の富岡八幡宮に移されたことから、上記の言い伝えが起こったのではないだろうかと推測してるんだな。しかもそのご神体は、平安時代後期に作られ、その後里見氏や太田氏の保護を得たのち、この地に祀られていたと伝えられているのだから、本当なら由緒正しいことになるけど…。

…ってことは本当じゃないってこと?



そう考えるのが自然だろうね。深川の富岡八幡宮は、深川地域が埋め立てられる時に、土地の守り神が必要になって、武蔵国金沢、今の金沢八景で波除八幡として有名だった源頼朝創建の富岡八幡が選ばれたというのが起源なのね。で、その時に、この地にあった古い祠に奉られていたご神体を富岡八幡に移したんじゃないかということなんだな。それで土地の人が元あった八幡様だから「元はちまん」と呼ぶようになったと…。

ははぁ、それでその謎のご神体にいろんな尾ひれが付いちゃったってことかな。



これはあくまで推測だけど、広重は「こちらがオリジナルの八幡宮」っていう解釈に惹かれたんじゃないかな。「みんな知らないだろうけど、本当はこっちの方が渋いぜ」ってなもんだな。この絵の中で、海の向こうに見えるのは房総半島だ。今じゃ信じられないけど、この当時はちゃんと見えたんだね。それだけでも、なかなか風光明媚な場所だったってことは想像できるよ。

ページトップへ戻る